株式会社鈴工株式会社鈴工

r05.jpg

r01.pngr01.png  r02.pngr02.png

r03.pngr03.png  r04.pngr04.png

先輩社員の声

【営業】 ロバティー マキシム Maksim Lobatyy

ロバティー マキシム

プロフィール
ロシア出身。ロシアの大学で人文学部日本語学科に在籍中、交換留学で富山大学に留学(1年間)。日本での留学を終えロシアに帰国し、ロシアの大学を卒業後、鈴工に新卒入社。営業職として、ロシア地域を担当。

ロバティー マキシムロバティー マキシムロバティー マキシム

入社の動機

大学に在籍中から日本とロシアの架け橋となれるような仕事に就きたいという思いが強かったのですが、よくありがちな仕事(通訳、中古車商社など)に面白みや、業界の将来性を見いだせずにいました。そんな中、今後ロシアでも需要が高まる木材加工の分野で進んだ日本の技術力をロシアに届ける鈴工の仕事に魅力を感じ、入社を決意しました。

鈴工の魅力

常に新しいことに挑戦する鈴工のチャレンジ精神は私にとって非常に魅力的です。私はロシア語、英語ができますので、鈴工の新しい取組時に、海外から情報収集したり、海外メーカーから協力を得たりする際に最前線で仕事をすることができます。社是にもある「チャレンジ」は全社員に浸透していて、鈴工で働く際の魅力となっています。

仕事にやりがいを感じる瞬間

ロシアのお客様から新規にご契約いただいた時です。ロシアはまだまだ木材産業の機械化が遅れており、さらに費用面のハードルも高く、まだまだこれからのマーケットといった感じですが、日本の高い技術力をロシア人スタッフである私がロシアの企業に伝え、納入出来た時は母国への貢献という面からも大きなやりがいを感じる瞬間となっています。

【営業】 岡野 師行 Noriyuki Okano

岡野 師行

プロフィール
三重県志摩市出身。県立宇治山田高校卒業。佛教大学社会学部卒業。
新卒で鈴工に入社。営業職として一人前になるべく現在は鈴工の幅広い業務に関わっている。

岡野 師行岡野 師行岡野 師行

入社の動機

当初はエリアにはこだわらず就職活動していましたが、次第に住環境の面で、地元で働きたいという思いが強くなりました。そんな中、鈴工のような地元に密着しながら大きいスケールで仕事のできる会社が三重にもあるという事を知り大変興味を持ちました。最終的には 面接を通して明るく、親しみのある鈴工の雰囲気に触れ、入社を決めました。

鈴工の魅力

色々なことに挑戦できるのが鈴工の魅力だと思います。私は営業ですが、営業だけの仕事をしていても一人前にはなれません。現在は製造や据付の現場に行くことが多くありますが、商品が出来ていく姿を間近で見れることは、本当にワクワクします。後、アットホームな雰囲気も非常に私には合っていると思います。

仕事にやりがいを感じる瞬間

 お客様から鈴工の商品に関してお褒めの言葉をいただいた時は本当にやりがいを感じます。最近関わったお客様は当社の機械納入を機に生産効率が劇的に改善し、これまで土日に休みを取ることも難しかったのが、休みが取れるようになったと大変喜んでいただけました。さらに、お子さんの運動会に出れたと聞いた時には、プライベートにまで良い影響を与えられる仕事だと感じ、とても鈴工の仕事にやりがいを実感した瞬間でした。